サークルとバイトを両立したい

サークルや部活に所属しているほとんどの大学生はバイトとサークルを両立させています。

なぜかというと、ほとんどの大学生は十分な仕送りがないからです。中には親がお金持ちで毎月とんでもない額の仕送りをもらっている学生もいますが、ほとんどの場合は遊べる余裕があるほどの仕送りはもらえません。

そのため、ほとんどの学生は強制的にサークルや部活とバイトを両立させられることになるのです。

ただ、後ほど詳しく説明しますが大学サークルとアルバイトの両立は十分可能なので、それほど負担が大きい訳ではないので安心してください。

本当に可能?

サークルや部活とアルバイトの両立は十分可能です。

一部の超体育会系部活では体力的には難しいかもしれませんが、そんな部活は絶滅危惧種以上に貴重な存在なので心配いりません。

まずサークル活動は毎日ある訳ではありません。せいぜい週2、週3程度です。週1という場合も珍しくありません。そのため、サークルが休みの日にアルバイトすれば何の問題もないのです。

あるいは、サークル終了後にアルバイトに入っても問題ありません。サークル活動ではそこまで体力が必要であったり、時間が遅くなることも少ないからです。

体育会系の部活はサークルと少し事情が違います。練習量も多いので、サークルに比べるとアルバイトに使える時間は少なくなりがちです。

練習後にアルバイトに行くにしても体力の8割以上が練習によって失われているので、相当きついです。そのため、体育会系の部活動に所属する場合はアルバイトできる時間が少なくなります。

しかし、休日にアルバイトしたり、午前中に授業がない日の午前中にアルバイトすることもできるため、部活動とアルバイトの両立も十分可能となっています。

バイトでいくら稼ぐ?

サークルや部活とアルバイトの両立を考えるうえで大切なのは、1ヶ月いくら稼ぎたいかを明確にすることです。

一般的な目安としては月3万円〜5万円あれば、普通の大学生活は十分送ることができます。ただし贅沢はできません。もし旅行などに行きたい場合は月7万円〜8万円稼いでおけば十分です。

体育会系の部活に所属している大学生の場合、アルバイトで月7万円以上稼ぐというのは少し難しいかもしれません。

単純に時給900円のアルバイト先を考えても、月60時間以上働かなくてはなりません。1度のバイト時間を5時間と考えても、月12日以上の出勤です。正直これはきついです。サークルも部活もやってない暇人でも面倒と思ってしまうレベルです。2日に1回くらいの割合でアルバイトする訳ですからね。

サークルや部活とアルバイトを両立できるかは、月にいくら稼ぎたいかによって決まってきます。目標金額が高い場合は、緩めのサークルにするなど工夫するようにしましょう。

4年間を決める大切な一年目

このように、大学生はサークルや部活とバイトを十分両立させることができます。そのため両立できるか不安だと心配する必要は全くありません。

ただ、もし十分な仕送りをもらえるならアルバイトをする必要はありません。そのかわり、複数のサークルに所属するようにしましょう。

また、アルバイトとサークルの両立を考えて1年生の時に1つだけサークルに加入するというのはやめましょう。下手をすると悲惨な大学生活を送ることになります。保険をかけるためにも、1年生の春のうちに複数のサークルに加入しておき、徐々に取捨選択していきましょう。

るぐーすに興味がある方はこちらへ

るぐーすで働こう